山梨青年ユニオンは,一人でも入れる労働組合です。解雇,残業,賃金不払など,様々な労働相談を受け付けています。【あて先】ymsunion@yahoo.co.jp*全角の@を使っています。@を半角にして送信してください。


by pleorsy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

団体交渉をしたよー未払残業代請求事件 2

A男さんと面談,そして組合加入


2008年11月某日,アポイントをとり,さっそくA男さんから話を聞きました。
概要はメールのとおりでした。また,A男さんの同僚のB太さんからも同様の話を聞きました。

過剰な長時間労働に加え,残業代が出ないこと。理不尽な配車など,非常に劣悪な労働環境でした。
さらに強烈なのは,
タイヤをツルツルになるまで交換しないこと
事故を起こした場合,従業員の給与から事故の損害賠償を天引きすること。しかも,保険料を従業員の給与から天引きしているにもかかわらず。
などです。
おそるべきブラック企業・・・
A男さん,B太さん以外に,Cさんという他の従業員の方も打ち合わせに参加してきました。Cさんは,事故を起こした分を,給与から数万円から十万円近く天引きされ続け,100万円以上天引きされていたそうです。Cさん曰く,
「(会社を)辞めたら損害額を一括請求されるかもしれない。だとしたら,(怖くて)辞められない」
なんと恐ろしい。これでは債務奴隷です。クタクタになるまで働いて,事故を起こすと,その債務を負わされるばかりか辞職することすら困難になるほど追い込まれる・・・。

結局,A男さん以外に,B太さん,Cさんというほかの従業員も組合に参加して,団体交渉をすることになりました。



要求書の送信


2008年12月某日,暮れの差し迫った時期でした。未払残業代を計算し,要求項目をまとめ,要求書を会社に提出しました。要求の内容は,
1 未払い残業代の支払
2 損害賠償を労働者に対して全て請求することは許されない(※1)
3保険料,その他趣旨の不明な給与天引きの停止
4 労働者の安全を守ること
5 有給休暇の取得を認めること
です。ファクシミリで会社に要求書を送信しました。

会社の反応


会社からは,期限内ぎりぎりに回答して来ました。
いわく,
1 調査に時間がかかるので1ヶ月欲しい。1月30日には回答します。
2 今後は労働者の健康を守り残業が発生しない勤務時間にしていきます
3 損害賠償は無効にしません。なお,これまで受け取った損害賠償の合計は1,645,000円です。
だそうです。
ていうか,どんだけ払っていたんですかCさん・・・。

会社の反撃


この間,人の良さそうなB太さんや(※2),個人的な血縁関係のある組合員が個人的な切り崩しにあった模様でした。Cさんとは連絡がとれなくなり,Cさんは組合を抜けました。Bさんは直接社長に呼ばれたそうです。要求書を見せられて,いろいろ聞かれたみたいでした。
会社も必死です。
しかし,次回回答日が1月30日は流石に長すぎます。次回回答日を待つかどうか。早急に団体交渉に入る体制だったのですが,これはかなり悩みました。結局,上部団体のアドバイスのもと,1月30日の回答までは待つこととしました。

1月30日,会社の調査結果は・・・


1月30日,会社から回答が来ました。
1 当社は1日8時間,週40時間でカウントしている一ヶ月単位の変型労働時間制度です。
2 基本給以外に別途手当てを支給しているので,これで割増賃金は支払い済みです。
3 労働時間のデーターは,平成20年7月より前のものはありません。
さらに,会社は,一部とは言え,AさんとBさんの労働時間のデーターを出してきました。実は,Aさんは自分の労働時間をメモに控えていたのです。会社のデーターと付き合わせると,Aさんのメモがいかに正確かあらためてわかりました。すべての始業・終業時間について,会社のデーターとほぼ5分以内で合致していたのです。

ところで,変型労働時間だとか,データがないとかいう会社の言い分ですが,まあ,いろいろ間違っています。
変型労働時間制度は,もっと緻密に時間指定がされていなければなりません。この会社はその要件を満たしていないのです。また,そもそも変形労働時間制度を取っていたからと言って,割増賃金の支払義務が一切免除されるわけではありません。最後に,労働時間の管理は使用者の義務(※3)で,労働時間を管理した記録は3年間の保存義務があります。ないはずは,ないでしょう。

いよいよ団体交渉!


ということで,上部団体と山梨青年ユニオン執行部,組合員,弁護士を交えた数回の打ち合わせの後,いよいよ団体交渉に入ります。初回は2月24日で労使双方が合意しました。
※1多くの裁判例で従業員に損害賠償の全額を負わせる事を制限しています。
※2決してAさんが人が悪そうだとかそういう意味ではありません。一番口説きやすそうだったのがBさんかな,と・・・。
※3 厚生労働省通達「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準」参照


団体交渉をしたよ-未払残業代請求事件 1
団体交渉をしたよ−未払残業代請求事件 3
[PR]
by pleorsy | 2009-05-28 23:47 | 活動報告