山梨青年ユニオンは,一人でも入れる労働組合です。解雇,残業,賃金不払など,様々な労働相談を受け付けています。【あて先】ymsunion@yahoo.co.jp*全角の@を使っています。@を半角にして送信してください。


by pleorsy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【報道】 労働経済白書:「労働者への分配強化を」異例の提言

【毎日新聞】労働経済白書:「労働者への分配強化を」異例の提言

>厚生労働省は3日、07年版「労働経済の分析」(労働経済白書)をまとめた。(略)経営者側には耳の痛い内容になり、好景気の実感が薄いとされる中、注目を集めそうだ。
>(1)では、大企業の経常利益率がバブル経済期のピークを超えているが、利益は株主への配当金や企業の内部留保に回されていると分析。(2)では、企業が収益力の強化を目指す中、長時間労働と短時間労働の二極化が進んでいるとしている。30、40代で長時間働く労働者が増加したと指摘。原因は仕事量の多さと人員不足で、「長時間労働前提の働き方を見直さなければ、家事、育児の分担は困難で、女性の就業継続や就業参加が難しい」と主張している。(略)
>若年者は非正規の不安定雇用で結婚をためらう層と長時間労働で異性に巡り合う機会がない層とに二極化していると指摘。少子化対策には「正規雇用を拡大し若者の自立を促し、働き過ぎの是正に取り組むことが求められる」と主張している。

労働問題は少子化問題やいわゆる”ニート"とされる問題,格差問題の根源だと思います。要するに,これまで正規社員が担ってきた多くの部分を非正規に置き換えたこと,非正規労働者の常用雇用化が問題だと思われます。解決するには正規労働者を増やすことしかないでしょう。

一度調節自在な非正規雇用という甘い汁を吸った企業がそうそう手放すとは思えませんが・・・

厚生労働省平成19年版労働経済の分析・要約
厚生労働省平成19年版労働経済の分析・本文
[PR]
by pleorsy | 2007-08-03 17:43 | ニュース・お知らせ