山梨青年ユニオンは,一人でも入れる労働組合です。解雇,残業,賃金不払など,様々な労働相談を受け付けています。【あて先】ymsunion@yahoo.co.jp*全角の@を使っています。@を半角にして送信してください。


by pleorsy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

【報道】 上司の暴言と自殺の因果関係認める 東京地裁判決 【朝日】

上司の暴言と自殺の因果関係認める 東京地裁判決【朝日新聞】

【引用開始】
 上司から「お前は給料泥棒だ」「目障りだから消えてくれ」などと言われ続けた会社員が自殺した。暴言が自殺の引き金になったかどうかが争われた訴訟の判決で、東京地裁は15日、自殺と暴言との因果関係を認め、会社員の死を労災と認める判断を示した。渡辺弘裁判長は「心理的負荷は、人生でまれに経験する程度に強度だった」と指摘した。被告の国側は「自殺は業務によるものではない」と主張していた。



 原告側によると、パワーハラスメント(職権を利用した嫌がらせ)を原因とする自殺を労災と認めた司法判断は初めて。代理人弁護士は「これまで上司の暴言も『指導上の範囲だ』とされ、労災認定から放置されてきたことに一石を投じる判決だ」としている。
【引用終わり】

新聞記事から何点か。
・問題の上司が赴任してから被災(自殺)までわずかほぼ1年弱。どれだけひどい暴言があったか推察されます。おそらく,裁判で証明されたもの以上の酷いものがあったのではないでしょうか。
・暴言自体の有無,内容の確定自体も楽ではないと思いますが,よくこれだけの暴言の存在を認めさせたと思います。従業員の証言などが存在したのでしょうか。
・その上で,自殺と暴言についての因果関係をどのようにして認めたのか,非常に興味深いです。
・精神疾患の評価については,非常に抽象的で使いづらい基準しか存在しないために,裁判所がどのようなあてはめをして判断したのか非常に興味があります。

国は控訴するのでしょうか。
[PR]
by pleorsy | 2007-10-15 23:31 | ニュース・お知らせ