山梨青年ユニオンは,一人でも入れる労働組合です。解雇,残業,賃金不払など,様々な労働相談を受け付けています。【あて先】ymsunion@yahoo.co.jp*全角の@を使っています。@を半角にして送信してください。


by pleorsy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

【報道】 派遣法改正見送りへ 厚労省、逆転国会で断念 【朝日】

派遣法改正見送りへ 厚労省、逆転国会で断念【朝日新聞】

労働者保護のあり方などをめぐり検討されていた労働者派遣法の改正案について、厚生労働省は29日、来年の通常国会への提出を見送る方向で調整に入った。改正内容を巡って労使の対立が激しいうえ、参院で野党が優位を占める「ねじれ国会」では、与野党対立が必至の改正案を通すのは難しいと判断した。ただ、違法な賃金の天引きなどが横行している日雇い派遣については、指針の改正などで規制を強化する方針だ。




朝日新聞の記事によると,登録型派遣を原則廃止するかどうか,派遣期間の制限を廃止するかどうかで労使の対立が著しいためとしています。
一方で,規制が必要な分野については行政指導の対象となる部分を指針で明らかにしていくそうです。これらの指針が定まった場合には,是非対外的にも明らかにして欲しいですね。
ただ、日雇い派遣は極端に不安定な働き方で、賃金の違法な天引きや二重派遣など不法行為が相次ぐことから、労使とも規制強化が必要との認識で一致。行政指導の対象となる行為を指針で明文化することなどで、実質的に規制を強化したい考えだ。
指針の内容が非常に興味深いです。以前記事に引用したこちらも指針に盛り込まれる見込みです。
また、派遣会社が派遣先から受け取る派遣料金の情報公開を求める規定も、法改正ではなく指針に盛り込むことを検討。派遣料金を公開して労働者に派遣手数料(マージン)がわかれば、マージンを高くとる会社が選別され、賃金向上につながる効果が期待できる。
ブログの記事に書いたとおり,僕はマージン抑制効果には楽観的ではないのですが,興味深い制度ではあります。
厚労省の調査(05年度)では、派遣料金は労働者1人につき1日(8時間)平均1万5257円。これに対し、派遣労働者の賃金は平均1万518円で、マージン率は31%。

[PR]
by pleorsy | 2007-12-02 23:04 | ニュース・お知らせ