山梨青年ユニオンは,一人でも入れる労働組合です。解雇,残業,賃金不払など,様々な労働相談を受け付けています。【あて先】ymsunion@yahoo.co.jp*全角の@を使っています。@を半角にして送信してください。


by pleorsy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

本日印刷作業をしてきました。近いうちに発送します。
[PR]
by pleorsy | 2007-08-31 22:20 | ニュース・お知らせ
【報道】 ネットカフェ難民初の全国調査の意義 【janjan】

”ネットカフェ難民全国に5400人”と報道された厚生労働省の調査についてです。
実際にはもっとネットカフェ難民は多いのではないか,という気がします。あくまで直感ですが。


また,この記事で,なぜ厚生労働省調査においては,短期派遣よりも短期直接雇用の方がネットカフェ難民には多いのか,という点について謎が解けました。短期直接雇用のほうが自給がいいみたいですね。ピンはねされないのだから,ある意味当然でしょうか。

また,「住」の問題だという記事の執筆者の意見に同意します。
住む場所の確保がまず必要でしょう。

厚労省はこの調査をどのように活かすのでしょうか。

厚生労働省のウェブサイトはこちら
報告書【全体版・PDF】
[PR]
by pleorsy | 2007-08-31 15:38 | ニュース・お知らせ
b0110763_22125641.jpg
昨日の駅前宣伝には、のべ5人が参加◎

今回は、ユニオンのビラとセットで全労連発行のミニパンフ「もうヤバイって思うまえに~黙ってないで声をあげよう!~」も約80部配布しました。

シールアンケートで対話になったのは、カップルや友達連れの青年など8人ほど。
貴金属関係の会社で8時~18時のフルタイムでアルバイトをしている30代?の女性は「1~2ヶ月給料が遅れることがある。最初は社会保険に入っていたけれど、今は入っていない(保険から抜かれた?)」と話しながら、少し長く対話に。「管理職だから、夜の9時まで働いても残業代はでないよ…」という男性も。

シールアンケートに答えてくれて対話になった人が多く、宣伝後の交流で は「宣伝の反応は良いし、もっと詳しい実態や思いを聞けるようになりたい」「街頭労働相談のような形で目立つ宣伝もやりたいね」など話になりました。次回に生かしたいですね☆
[PR]
by pleorsy | 2007-08-29 22:13 | 活動報告
【日経】 社説 雇用慣行を根本から見直せ(8/19)

(1) 正規社員の労働時間の長時間化,非正規の増大はオカシイ!!
            ↓
(2) 新卒一括採用・会社プロパーの正規社員を中心に据える雇用慣行がオカシイからだ!!
            ↓
(3) 正規非正規の垣根の存在自体がおかしい!!流動化を増大させろ!!

という主張にしか読めません。

その延長線上には,
            ↓
(4) 労働法制を緩和して全員非正規社員と同じように扱えるようにしろ!!

という主張が見え隠れするのですが・・・・


さすが日経
[PR]
by pleorsy | 2007-08-20 08:43 | ニュース・お知らせ
☆首都圏青年ユニオンから、以下の企画のお誘いがありました☆

[首都圏青年ユニオン主催゛夏祭り"~首都圏青年ユニオン交流会~]
○ユニオンをつくりたい人も、ユニオンでがんばる人も楽しく交流しよう!!
☆内容
--解説とQ&A 「青年ユニオンを知ろう!」
--ビデオ撮影成功「これが団体交渉だ」最新ドキュメント上映
--その他、ユニオンのつくりかた講座、分会の活動交流や寸劇など盛りだくさん。二次会も(一人500円)あります◎

日時
8月12日(日)14時~
場所
東京労働会館7階
ビラはこちらから(PDF)
[PR]
by pleorsy | 2007-08-09 22:11 | ニュース・お知らせ
【毎日新聞】労働経済白書:「労働者への分配強化を」異例の提言

>厚生労働省は3日、07年版「労働経済の分析」(労働経済白書)をまとめた。(略)経営者側には耳の痛い内容になり、好景気の実感が薄いとされる中、注目を集めそうだ。
>(1)では、大企業の経常利益率がバブル経済期のピークを超えているが、利益は株主への配当金や企業の内部留保に回されていると分析。(2)では、企業が収益力の強化を目指す中、長時間労働と短時間労働の二極化が進んでいるとしている。30、40代で長時間働く労働者が増加したと指摘。原因は仕事量の多さと人員不足で、「長時間労働前提の働き方を見直さなければ、家事、育児の分担は困難で、女性の就業継続や就業参加が難しい」と主張している。(略)
>若年者は非正規の不安定雇用で結婚をためらう層と長時間労働で異性に巡り合う機会がない層とに二極化していると指摘。少子化対策には「正規雇用を拡大し若者の自立を促し、働き過ぎの是正に取り組むことが求められる」と主張している。

労働問題は少子化問題やいわゆる”ニート"とされる問題,格差問題の根源だと思います。要するに,これまで正規社員が担ってきた多くの部分を非正規に置き換えたこと,非正規労働者の常用雇用化が問題だと思われます。解決するには正規労働者を増やすことしかないでしょう。

一度調節自在な非正規雇用という甘い汁を吸った企業がそうそう手放すとは思えませんが・・・

厚生労働省平成19年版労働経済の分析・要約
厚生労働省平成19年版労働経済の分析・本文
[PR]
by pleorsy | 2007-08-03 17:43 | ニュース・お知らせ
昨晩第10号の印刷をしました。本日サポーターの皆様と組合員に発送します。印刷や原稿について協力してくれたみなさま,ありがとうございました。
[PR]
by pleorsy | 2007-08-02 09:14 | ニュース・お知らせ
昨日行われた甲府駅前での定例宣伝には、4人が参加◎

大会後初めて。丸一ヶ月ぶりだったので、ホントに久しぶり、という感じでした☆
ハンドマイクで訴え、ユニオンのチラシを配りながら働く実態を聞くシールアンケートを呼びかけ、5人ほど対話に。
「働き初めて2年目、場合によっては1日12時間労働で週2~3日ということがあり、体が疲れて大変。この先ずっと働き続けられるか不安です…」(製造業、20代?男性)
「だいたいいつも朝の8時から夜9時まで(一日11時間)働いている」(SE、20代女性)という人も。

そのほか、「中高年フリーター。そもそも正規の仕事がないよ~」(50代男性)、「青年に非正規が増えたから、果物が売れない。派遣という働き方を許したのが問題だ」と話すブドウ農家のおじさん。
雇用問題が社会全体の問題だなぁと、あらためて感じる場にもなりました☆

ビラの受け取りもよく、「青年ががんばっているのはうれしい」と声をかけてくれる人もいて、楽しい宣伝でした◎b0110763_21224181.jpg
[PR]
by pleorsy | 2007-08-01 11:52 | 活動報告